【60歳の就活-02】「シニア応援」でも「60歳定年」の謎

イラスト
by ShutterStock

年齢制限を設けた求人募集は、一部の例外を除き、雇用対策法10条で禁止されているそうです。

ですから、60歳の私にも、ほぼすべての求人が有効ななずでした。

手始めにいくつかエントリーしてみましたが、

さて結果やいかに?

スポンサーリンク

目次

住所と年齢だけで、「書類審査の結果‥」

60歳からの就職ということで、まず勤め先は近場にしたいなと思いました。

長年、電車で片道1時間以上かけて通勤してきましたが、時間ももったいないし、通勤だけでも疲れます。

そうしたら、何と徒歩5分の会社の求人がありました。

何度も前を通過したことのある会社ですので、通いやすさは抜群です。

ネットでそのままエントリーできるということで、早速ポチッ!

名前以外に、大まかな住所と、年齢を入れる項目が表れました。

入力してエントリー。

これだけ?

というくらい、簡単でした。

ところがです!

翌日には、「書類審査の結果、今回は採用を見送ります」というメールが届きました。

書類審査って、いつやったの⁉️

入力したの、住所と年齢だけなんですけど‼️

住所は問題ないはずです。

交通費もかからなくて、会社には好都合では?

不採用の理由は、年齢しかありませんよね?

それしか入力していないんですから。

もう一つ、二駅先の事務職に応募して、試験まで受けたのですが、落とされました。

面接の感触も良かったし、自分で言うのもなんですが、試験はできたと思います。

それでも不採用だったのは、やっぱり年齢かも?

学童保育の「シニア応援」の求人に応募

シャッターストックイラスト
子供が好きだし、以前から何か子供に関わる仕事をしたいと思っていました。by ShutterStock

まあ、家から近いという理由だけでエントリーしたのですから、私も考えが浅かったかもしれません。

もうちょっと職種とか、真剣に考えてみようと思い、保育園とか、学童保育はどうだろう? と思いました。

子供が好きだし、以前から何か子供に関わる仕事をしたいという希望もありました。

7月後半のことでしたが、その時見た求人では、保育園は資格が必要というところばかりで、資格なしでも良いという学童保育の募集がいくつかあったので、4つほど応募してみました。

それも、「シニア応援」というのに絞って。

最初から年齢で落とされてはたまりませんからね。

「シニア応援」でも「60歳定年」の謎

1つ目は、応募の時に年齢と資格の有無を聞かれたので答えたところ、「60歳定年のため」と速攻で断られました。

え〜⁉️

シニア応援じゃなかったの❓

それなら最初から60歳以上はダメって書いといてよ! と思いましたが、年齢制限できないんですものね。

じゃあ、せめてシニア応援はやめてよね。

やれやれ。

2つ目はの学童は、要資格と書いてなくて、応募の時のアンケートに「資格無し」もあったので、資格が無くても良いのかな? と思ったのですが、「今回は資格のある人のみの募集です」と断られました。

ちなみに、学童保育に必要な資格は、保育士や教員免許、社会福祉士などです。

さらにいうと、今は学童保育ではなく、放課後クラブというそうです。

子供と一緒にサッカーできなきゃダメなの?

3つ目は、ネットを通じて履歴書を送ったところ、すぐに面接したいとメールが来ました。

履歴書を送ったんだから、60歳も無資格も承知のはず。

なら見込みがあるかな?

と面接に行ったら、「子供と一緒にサッカーができないと難しい」と言われました。

驚いたことに、添付されていることに気づかなかったのか? 送った履歴書を見ていなかったようです。

落とされました。

求人のシニアはいったいいくつ? 60歳は不可?

改めて見てみると、最初に年齢と住所だけで落とされた近場の会社も、「シニア応援」でした。

いったい、シニアって何歳を想定しているのでしょう?

調べてみると、シニアは高齢者のこと。

高齢者は何歳から?

国連では60歳以上、国連の世界保健機関(WHO))の定義では、65歳以上の人のことを高齢者としているそうです。

だったら60歳はOKですよね?

でも実際はダメ。

まあ、全くダメで無くても、やっぱり若者が応募してきたら、そっちを採用しちゃうだけかもしれないんですけどね。

さて、4つ目。

紙の履歴書を郵送しろとのことだったので、パソコンで打ち出したものを送っておいたのですが、面接したいと電話がありました!

履歴書を見ているんだから、今度こそ60歳でも大丈夫なんですよね?

でも、それが大変な苦労の始まりだったのです!

(続く)

あわせて読みたい
【60歳の就活-04】学童クラブ(放課後児童クラブ)補助員の職はブラックだった!
【60歳の就活-04】学童クラブ(放課後児童クラブ)補助員の職はブラックだった!前回、学童クラブの求人担当者から電話を受けた、というところまで書いて、ずいぶん時間が経ってしまいました。実は、この間に本当にいろいろなことがありました。「60...
あわせて読みたい
【60歳の就活-03】60歳の女性の仕事は掃除か調理補助くらい?
【60歳の就活-03】60歳の女性の仕事は掃除か調理補助くらい?by ShutterStock法的には、求人に年齢制限は無いことになっているはずですが、現実には歴然とある、というキビシ〜イ現実。60歳からの就職活動、第3弾!をお届けします...
あわせて読みたい
【60歳の就活-01】求人広告にシニア応援と書いてあるのに年齢で落とされる?
【60歳の就活-01】求人広告にシニア応援と書いてあるのに年齢で落とされる?60歳で定年を迎え、再就職を考えるかたも多いと思います。最近では、今まで勤めていた会社で再雇用してくれるという場合もあるようですが、そんな恵まれたかたばかりで...

関連記事

目次
閉じる